【Street Dancer 3D】

監督:レモ・デスーザ Remo Dsouza
出演:ヴァルン・ダワン、シュラッダー・カプール、プラブデーヴァ、アパールシャクティ・クラーナー、ノーラー・ファテーヒー

2020年1月24日公開

トレイラー

ストーリー
************************************
サーヘジ(ヴァルン・ダワン)はロンドンに住むインドからの移民で他のインド人たちとダンス・チーム「ストリート・ダンサー」を結成して活動している。一方、同じ地区に住むイナーヤト(シュラッダー・カプール)はパキスタン移民のダンス・チーム「ルール・ブレイカーズ」に所属しているが、両グループはなにかと反目し合っている。

両グループともストリート・ダンス・コンテスト「グラウンド・ゼロ」への参加を決めるが、サーヘジは恋人のミア(ノーラー・ファテーヒー)が所属する名門チーム、ロイヤルズにからの誘いを受けて「ストリート・ダンサー」を離れる。「ストリート・ダンサー」はバラバラになった状態でコンテストを迎えるが・・・
************************************

タイトルは違いますが、ダンス映画のヒット・シリーズ【ABCD】の最新作の位置付け。【ABCD: Any Body Can Dance】(2013)、【ABCD 2】(2015)に続く第3作になるはず(おそらくタイトルは【ABCD 3】)でしたが、1、2作目を制作したウォルト・ディズニーがインドでの映画製作制作事業から撤退したため、タイトルが変更されました。しかし、監督は2作目に引き続きコレオグラファーのレモ・デスーザ。また、主演のヴァルン・ダワン、シュラッダー・カプール、プラブデーヴァやダンス・チームのメンバーなどはすべて2作目から連続出演です。

主役以外は(1作目は主役も)全員ダンサーということからもわかるように、完全にダンスが主でストーリーは従といった感じのダンス映画シリーズですが、3作目の本作はダンスとストーリーが主従逆転とまでは行かなくとも、ダンスだけではないと言える程度には考えられたストーリーでした。

3作目で特徴的なのは、舞台をムンバイ(2作目はアメリカに旅行)からロンドンに移し、出演者をインド移民とパキスタン移民の2つに分けたことです。そして最後にはインドとパキスタンが協力してダンス大会に挑むという構図ですが、現実世界でインドとパキスタンの関係がこれだけ悪化している中ではそれだけで大胆な設定です。

もう1つは移民問題を直接扱うサブ・ストーリーが効いています。アパールシャクティ・クラーナー演じるインド移民がサブ・ストーリーの中心で非常に印象深い役でした。そしてサブ・ストーリーが最後にメイン・ストーリーと合流するところは見事でした。

もちろんダンス映画なのでダンス・シーンは見応え十分。前作と比べても、1) 「俳優枠」のヴァルン、シュラッダーのダンスが上達している、2) いまのボリウッドのダンス・クイーン、ノーラー・ファテーヒーが参加、3) プラブデーヴァーががっつり踊るということで明らかにパワーアップしています。

シリーズになると思われていなかった1作目のニッチな作りから、次第にメジャー路線へと進化してきました。ただのダンス映画と侮ると損をする快作でした。

音楽
「Bezubaan」のようにシリーズのタイトルソングのような曲は別にして、多数ある曲のほとんどが何かのリメイクというのは問題ではないでしょうか。「Muqabla」は出演者プラブデーヴァの出演作、タミル映画【Kadhalan】(1994)から同名曲のリメイク。「Lagdi Lahore」は人気歌手グル・ランダワーの大ヒット曲「Lahore」のリメイク。「Illegal Weapon 2.0」はタイトルからもわかるようにパンジャービー・ソングからのリメイクです。制作が音楽ブランド「T-シリーズ」だからというのがあるとは思いますが、このリメイク流行りはインドの音楽関係者からも批判が出ています。

「Muqabla」

元はA.R.ラフマーンの作曲。

「Illegal Weapon 2.0」

「Bezubaan Kab Se」

シリーズ1作目からあるシリーズのテーマソング的な曲。実はこの曲には雨が欠かせないのですが、3作目は屋内でのダンス。どうして雨が降っているのでしょうか?

 

ヴァルン・ダワン  サーヘジ役
本作でのヴァルン・ダワンのキャラクターはあまり魅力がないのですが(前作でもさほど)、ダンスはすごいです。よくここまでトレーニングを積んだと感心しました。

 

 

 

シュラッダー・カプール  イナーヤト役
前作では「シュラッダーって踊れるんだ」となりましたが、本作ではさらにパワーアップ。キャラクターとしてもサブストーリーである移民の問題にいち早く関わったりと中身のある役でした。

 

 

 

プラブデーヴァ  ラーム役
誰もが認める名ダンサーのプラブデーヴァですが、1、2作目では若いダンサーたちの先生で、自らはあまり踊りませんでした(1曲程度)。しかし、本作では主演のチームに参加して踊るなどある意味で反則。アクロバティックなところでは若い人には敵いませんが、それでも見せるダンスとしては格が違いました。

 

ノーラー・ファテーヒー  ミア役
アイテム・ソングでダンス・クイーンにのし上がり、とうとうダンス映画に出演するというノーラーは、彼女自身がダンス映画の主人公のようです。ただし、本作での役はタイプ・キャストに近いものであまり良くありませんでした。

 

 

アパールシャクティ・クラーナー  アムリンデル役
すでに名脇役俳優になりつつあるアパールシャクティですが、本作では主役といってもいいかもしれません。エンディングでは完全に主役待遇でした。

 

 

 

【Street Dancer 3D】、おそらく続編が作られるのは間違いないでしょう。しかし、そのときに困るのはタイトル。果たして「4」を入れるのか、「2」にするのか。

【Street Dancer 3D】
プラブデーヴァの踊り全開を観たい人、室内に雨を降らせる力業を見たい人、アーパルシャクティの最強脇役を見たい人、おすすめです。

【Tanhaji】

監督:オーム・ラウト Om Raut
出演:アジャイ・デーヴガン、サイフ・アリー・カーン、カージョール

2020年1月10日公開

トレイラー

ストーリー
************************************
マラーター王国の創始者シヴァージー(シャラド・ケールカル)は自らの自由と引き換えにムガル皇帝アウラングゼーブに差し出した城のうちシンガハル城を取り戻そうと画策し、当時故郷に引きこもっていた中心タナージー・マールサーレー(アジャイ・デーヴガン)に奪還を依頼する。

タナージーはアウラングゼーブがシンガハル城の太守に任命したラージプートのウダイバーン・シン・ラトール(サイフ・アリー・カーン)の入場を阻止しようとするが失敗する。ウダイバーンは城の守備を固めただけでなく、巨砲を設置しシヴァージーを脅かす。状況を打開するべく、タナージーは難攻不落のシンガハル城の攻城戦を敢行する。
*************************************

アジャイ・デーヴガンが17世紀のマラーター王シヴァージーの武将だったタナージー・マールサレーを演じる歴史物。現在のプネ近郊にあるシンガハル城を巡り、ムガル皇帝アウラングゼーブから同城の太守に任ぜられたウダイバーン・シン・ラトールとタナージーとの間で戦われた1670年の「シンガハルの戦い」を描きます。

タナージーの妻役にリアルでも妻のカージョール。1670年のシンガハルの戦いでの敵将役にサイフ・アリー・カーン。アジャイとサイフの共演は【Omkara】(2006)以来。

【Bajirao Mastani】(2015)、【Panipat】(2019)などマラーターを描く作品は多いですが(【Manikarnika】(2019)『マニカルニカ』にも登場)、【Tanhaji】はマラーター王国の始祖であるシヴァージーの時代、しかも王国の設立前という古い時代の話。後にはマラーター王国の始祖として絶大な人気を誇るシヴァージーですが、当時最大版図を誇ったアウラングゼーブ帝のムガル帝国やイギリスなどを相手に結構際どい戦いを繰り広げていました。

そしてタナージー。シヴァージーの忠臣ということですが、実はそこまで有名な人物ではありません。【Tanhaji】で描かれるシンハガルの戦いもシヴァージーが身代金としてアウラングゼーブに差し出した城を取り返しただけで、ムガル帝国に決定的な打撃を与えたわけでも、マラーターに大きな領土をもたらしたわけでもありません。そして、タナージーがさほど有名ではないにもかかわらず、というよりも有名ではないからこそ、【Tanhaji】は非常に優れた娯楽作品になりました。

最近のヒンディー映画の歴史物ではほとんどといっていいくらい公開前あるいは公開後に「歴史問題」が起こります。「ある人物が不当に悪く(良く)描かれている」というのが主ですが、その多くは現在のインドにおけるヒンドゥー教とイスラム教の対立の構図をそのまま歴史描写に当てはめようとするために起きる問題です。イスラム教徒を悪役にして善良なヒンドゥー教徒がそれを打ち破るか、またはひどい仕打ちを受けるかいずれかの「史実」を設定し、それに合わないものには「史実でない」と文句を付ける。

しかし、【Tanhaji】はそんな歴史問題からは自由であるように見えます。サイフ演じる悪役ウダイバーン・シン・ラトールはラージプート(ヒンドゥー)で宗教対立の構図は避けられいます。またヒンドゥー教徒から見た歴史上の悪役トップ3に入るアウラングゼーブ帝は欧州系印インド人俳優ルーク・ケニーが演じてこちらもセーフ。

歴史物のしがらみを取り払った【Tanhaji】はひたすら面白さの追求に力を注いだ感じです。映画の「面白さ」にもいろいろありますが、【Tanhaji】の面白さはまさに活劇仕立ての攻城戦の迫力です。攻城戦といえば『バーフバリ』の城攻めのトンデモ戦法が話題になりましたが、【Tanhaji】も負けていません。敵部隊への空中からの襲撃、ありえない崖登り、矢や銃弾の雨をかいくぐっての城門への接近、そして巨大砲、とうよりもその導火線をめぐっての戦いと息をつく暇もありません。もちろんタナージーの家族の話などもあり、それはそれでよく出来ているのですが、はやりすべてはクライマックスの攻城戦のためにある感じです。

最近の歴史物としては無類の面白さ。必見です。

音楽
「Shankara Re Shankara」

「Maay Bhavani」

「Ghamand Kar」

 

アジャイ・デーヴガン       タナージー・マルサーレー役
観ている最中から「アジャイって昔なにか歴史物をやったことあった?」と思い、帰ってから調べてみたのですが、案の定、現代史の革命家・独立運動家バガト・シンを演じたくらいで近世・中世の歴史コス物はありませんでした。ちょっと意外な気がします。それにしてはタナージー、すごく似合ってました。

 

サイフ・アリー・カーン    ウダイバーン・シン・ラトール役
サイフは悪役でも評価が高い俳優ですが、フィルフェア賞の悪役賞(Best Performance in a Negative Role、2007年を最後に廃止)を受賞したのが【Omkara】(2007)、これまたアジャイ・デーヴガンとの共演作です。【Tanhaji】もサイフがいなければ成り立たなかったろうというくらいの好演した。

 


カージョール
  サヴィトリバーイー役
戦争物なので役が小さいのは仕方がないかと思っていたら最後(の最後)にやってくれました。絶対に最後(の最後)まで観ないと損です。

 

 

 

最近あまり出ていなかった【Youngistaan】(2014)のネーハー・シャルマーがウダイバーンに好かれて囚われの身になっている女性の役。

タナージーがあれほど苦労して取り戻したシンガハル城ですが、その後もマラーターとムガルの間で奪い合いが続き、【Tanhaji】から19年後の1689年にはムガルに、1693年にはまたマラーターに、1703年にムガルに、1706年にマラーターにと行ったり来たりでしたが、最後は1818年イギリス東インド会社の軍隊によって占領されました。


【Tanhaji】

痛快歴史活劇が観たい人、歴史コスのアジャイを見たい人、サイフの悪役ならぜひ観たいという人、おすすめです。

観たい!2020年3月編

公開数は少ないですが、直前になって公開が決まった作品が飛び込んでくるなど流動的なスケジュールです。

公開予定日はBollywoodhungamaのカレンダーによっています。
http://www.bollywoodhungama.com/movie-release-dates/

今月の1本はこれ。
【Sooryavanshi】(3月24日公開予定)

監督:ローヒト・シェッティー Rohit Shetty
出演:アクシャイ・クマール、カトリーナ・カイフ

トレイラー

アクシャイ・クマール主演、ボリウッドのトップ・ヒット・メーカー監督ローヒト・シェッティーのアクション大作。【Singham】シリーズ(2011, 2014)、【Simmba】(2018)の姉妹作で、なんとその主演であるアジャイ・デーヴガンとランヴィール・シンがゲスト出演。ヒロインはカトリーナ・カイフで、アクシャイとは【Tees Maar Khan】(2010)以来の共演です。

 

【Baaghi 3】(3月6日公開予定)
監督:アフメド・カーン Ahmed Khan
出演:タイガー・シュロフ、シュラッダー・カプール、リテーシュ・デーシュムク、アンキター・ローカンデー、ヴィジャイ・ヴァルマー、アーシュトーシュ・ラーナー

トレイラー

タイガー・シュロフ主演アクション・シリーズの第3弾。インド・ランボーのタイガーがシリアで敵の大群相手に大暴れという作品のようです。第1作のヒロインのシュラッダー・カプールが復帰。

 

【Har Kisse Ke Hisse Kaamyaab】(3月6日公開予定)
監督:ハルディク・メヘター Hardik Mehta
出演:サンジャイ・ミシュラー、ディーパク・ドーブリヤール、イーシャー・タルワール

トレイラー

シャールク・カーンの制作会社レッド・チリペッパーの作品です。通算出演作が500作目を迎える脇役一筋のベテラン俳優を描くコメディ・ドラマ。主演はとぼけたオジサン役が多いサンジャイ・ミシュラー。作品中ではいったいいくつの役をやるのでしょうか。オッサン・コスプレ作品。

 

【Angrezi Medium】(3月13日公開予定)
監督:ホーミー・アダジャーニヤー Homi Adajania
出演:イルファーン・カーン、ラーディカー・マダン、カリーナー・カプール、ディーパク・ドーブリヤール、ディンプル・カパーディヤー、ランヴィール・ショーリー、パンカジ・トリーパティ

トレイラー

日本で『ヒンディー・ミディアム』として公開された【Hindi Medium】(2017)の続編。今回は娘をイギリス留学に送り出す父親を描きます。前作からは主演のイルファーン・カーン、ディーパク・ドーブリヤールらが連続出演。新たにカリーナー・カプール、【Mard Ko Dard Nahi Hota】(2019)(『燃えよスーリヤ』)のラーディカー・マダンら。

 

【Is Love Enough? SIR】(3月20日公開予定)
監督:ローヘーナー・ゲーラー Rohena Gera
出演:ティローッタマー・ショーム、ヴィヴェーク・ゴームベール、ギーターンジャリ・クルカルニ

『あなたの名前を呼べたなら』予告編

『あなたの名前を呼べたなら』の邦題でインドよりも先に日本で公開されています。元々の原題は【Sir】だったようですが、インド公開でまたタイトルを変更しました。

 

【Sandeep Aur Pinky Faraar】(3月20日公開予定)
監督:ディバーカル・バナルジー Dibakar Banerjee
出演:アルジュン・カプール、パリニーティ・チョープラー

トレイラー

元々公開が延びていて、急遽公開が決まった感じでトレイラーの発表も公開の2週間前。古くは【Love, Sex Aur Dhokha】(2010)、最近は【Bombay Talkies】(2013)やネトフリ【Lust Stories】(2018)の短編で知られる鬼才ディバーカル・バナルジー監督の作品。アルジュンとパリニーティーはアルジュンのデビュー作【Ishqzaade】(2012)と同じ。なにやら怪しいカップルです。

 

【Babloo Bachelor】(3月20日公開予定)
監督:アグニデーヴ・チャタルジー Agnidev Chatterjee
出演:シャルマン・ジョーシー、テージャシュリー・プラダーン、プージャー・チョープラー、ラジェーシュ・シャルマー

トレイラー

予定通りに公開するか微妙。シャルマン・ジョーシー主演の結婚ラブコメ。