【Shakuntala Devi】

監督:アヌ・メーノーン Anu Menon
出演:ヴィディヤー・バーラン、サーニヤー・マルホートラ、ジーシュー・セーングプター、アミト・サード

2020年7月31日公開(アマゾン・プライム・ビデオ)

トレイラー

ストーリー
*****************************************
1930年代、バンガロール郊外の農村に生まれたシャクンタラー・デーヴィーは幼い頃から暗算の非凡な才能を示していた。彼女の父親はシャクンタラーを学校に行かせず、彼女の暗算を見世物にして収入を得るようになっていた。成長したシャクンタラー(ヴィディヤー・バーラン)は相変わらず暗算ショーに出演していたが、婚約者との喧嘩別れをきっかけにして家を飛び出し、ロンドンに渡る。

ロンドンでも彼女のショーは成功し、有名になった彼女は興行で世界中を飛び回るようになる。そんな中で出会ったパリトーシュ(ジーシュー・セーングプター)と結婚し、やがて娘が生まれる。シャクンタラーのビジネスはますます成功し、大きな名声と富を築いたが、娘アヌパマー(サーニヤー・マルホートラ)との関係で悩みを抱えることになる。
*****************************************

暗算の天才で「人間コンピューター」と呼ばれたシャクンタラー・デーヴィーの伝記映画です。インドで数というとインド人数学者ラーマーヌジャンの伝記映画【The Man Who Knew Infiity】(2015)(『奇蹟がくれた数式』)が思い浮かびますが、あちらが数学者なのに対してこちらはひたすら暗算。ただし、ラーマーヌジャンの数学も当時の一般的な数学者は思いも付かないような発想から出発していたというので根底では通ずるところがあるのかもしれません。

シャクンタラー役に演技力ではトップクラスのヴィディヤー・バーラン。ストーリー上で重要な役割を果たす彼女の娘アヌパマー役に【Dangal】(2016)(『ダンガル きっと、つよくなる』)のサーニヤー・マルホートラ。シャクンタラーの夫役に最近は女性主人公の夫役が多いジーシュー・セーングプター。監督のアヌ・メーノーンはこれまで【London, Paris, New York】(2012)、【Waiting】(2016)などを撮っています。

最初にこの作品の内容を聞いたとき、確かにシャクンタラー・デーヴィーはある程度の有名人ですが、ひたすら暗算の天才という印象しかない人物を描いて果たして映画になるのかと思いました。しかも暗算は当然のことながら彼女の頭の中だけで起きていることなので、これほど映像化が難しい題材もないでしょう。

脚本も手掛けたメーノーン監督は、主にシャクンタラーと彼女の娘アヌパマー(こちらも実在で実名)との関係を話の中心にすることで、「暗算しかない」問題を克服しています。作品はいきなり、娘のアヌパマーが母親のシャクンタラーを金銭問題に関して訴えるという劇的なシーンから始まります。母娘関係がどうしてここまでこじれてしまったのか。そこには自身の幼少時の経験の影響を受けて形成されたシャクンタラーの性格が関わっていることが次第に明らかになっていきます。

前半は「暗算の天才」が幼い頃からその才能を表し、やがて(ある事情もあって)ヨーロッパに渡って自ら出演する暗算ショーで有名になるまでの波乱万丈のサクセス・ストーリーで、娯楽作としてはこちらのほうが楽しめます。しかし、実は話の本番は後半から。前半はふつうに明るい女性というヴィディヤー=シャクンタラーが、後半になると見た目は変わらないながら、みるみる「変人」としての本性を発揮し始めます。そしてその移り変わりを見事に表現するヴィディヤー演技が冴えわたります。

ただ、特に後半のシャクンタラーは娘の視点であれ、夫の視点であれ、観客はまったく共感できないと思われるのと、後半は逆にシャクンタラーの本職である「暗算の天才」の描写が少なくなっているため、本作を本格的な伝記物と思っていた人にはやや不満が残るかもしれません。一方、娘アヌパマー役のサーニヤー・マルホートラが良い演技だったこともあり、母娘のドラマとしては良くできていたと思います。ただ、ちょっと結末は甘い気はしました。

伝記物としてはややリアリティに欠けるし、ドラマであればはじめからフィクションでも良かった感じで、少し焦点がはっきりしません。しかしながら、ヴィディヤー・バーランのキャラクターを作り出す演技力を見るのには十分。ヴィディヤーのワンマンショーとして観るのがいいかもしれません。

 

音楽
あまり力は入れていないのかと思いましたが、アルバム全体を訊いてみると悪くはありません。曲数は少ないものの作曲はサチン=ジガル。歌手もシュレーヤー・ゴーシャール、スニディ・チャウハーン、モーナーリー・タークルと大物を揃えています。それではこの印象の薄さは?おそらく劇場公開ではなくストリーミング配信になったため、事前の露出が少なかったためではないでしょうか。

「Rani Hindustani」

「Paheli」

 

ヴィディヤー・バーラン   シャクンタラー・デーヴィー役

上にも書きましたが、【Shakuntala Devi】はヴィディヤーのワンマンショー。もはや実在の人物であるシャクンタラー・デーヴィーを描く伝記物でもないかもしれません。ほとんど共感できない人物像をここまで演じ切れるとはさすがにトップクラスの実力です。

 

サーニヤー・マルホートラ  アヌパマー・バナルジー役

【Dangal】【Badhaai Ho】(2018)、【Photograph】(2019)のいずれでもおとなしめの女性役でしたが、今回は母親と真っ向から対立する役。若手女優の中ではもっとも安定している印象です。今後も出演作に困ることはないでしょうが、何か大当たりが欲しいところです。

 

ジーシュー・セーングプター  パリトーシュ・バナルジー役

もともとベンガル映画の俳優ですが、ヒンディー映画にもたまに出演します。ヒンディー映画では【Barfi】(2012)、【Mardaani】(2014)、【Manikarnika】(2019)など女性主人公の優しい夫役で、本作でも同じです。もしかすると、いま最も求められてる男優なのかもしれません。

 

【Shakuntala Devi】
やはりヴィディヤーの演技が観たいという人、ストレート・ヘアのサーニヤーもいいなという人、おすすめです。

【Dil Bechara】

監督:ムケーシュ・チャーブラー Mukesh Chhabra

出演:スシャーント・シン・ラージプート、サンジャナー・サーンギー、サーヒル・ヴァイド、サースワター・チャタルジー、スワスティカー・ムカルジー、サイフ・アリー・カーン(特別出演)

2020年7月24日公開(ディズニー+ホットスター)

トレイラー

ストーリー
*************************************
製鉄の街ジャムシェードプルに住む大学生のキズィー(サンジャナー・サーンギー)は甲状腺ガンを患っており、背中には小型の酸素ボンベを背負い、鼻には酸素パイプを挿入したまま過ごさなければならない。本当は普通の女の子として学生生活を送り、同世代の男の子とデートしたりしてみたいがとても無理と諦めている。そんなキズィーの趣味は音楽。特にアビマニュ・ヴィールという歌手の歌詞が未完の曲がお気に入りだ。いつか彼に会ってどうしてこの曲が未完なのかを聞いてみたいと願っている。

キズィーはある日、マニーことイマヌエル・ラージクマール・ジュニア(スシャーント・シン・ラージプート)と出会う。マニーはかつて骨肉腫で足を切断して義足だが、誰にも負けない明るい性格だ。ラジニカーントの大ファン。緑内障で映画監督志望の友人ジェイピー(サーヒル・ヴァイド)とラジニ風の映画を自身の主演で撮ろうとしており、キズィーにヒロインとして出演してくれと頼み込む。楽しく撮影が進むうち、いつしかキズィーも明るさを取り戻し、二人は恋に落ちていた。

あるときキズィーはマヌーからアビマニュ・ヴィールと連絡が取れたと知らされる。もしキズィーがフランスに来れば会ってくれるそうだ。キズィーはどうしてもフランスに行きたがるが、彼女の体調を心配する両親は強硬に反対する。
************************************

6月に自殺したスシャーント・シン・ラージプートの遺作になってしまいました。

ハリウッド映画『きっと、星のせいじゃない』の原作であるジョン・グリーンの小説『さよならを待つふたりのために』(原題は映画、小説ともに The Fault in Our Stars)の映画化です。監督のムケーシュ・チャーブラーはキャスティング・ディレクターの出身で本作が監督デビュー。【Badrinath Ki Dulhania】(2017)監督のシャシャンク・カイターンが翻案・脚本を担当していることも注目です。当初、タイトルは登場人物の名前を並べた【Kizie Aur Manny】でしたが、後に【Dil Bechara】に変更になりました。主演はスシャーントと大役は本作が初めてのサンジャナー・サーンギー。

ヒンディー映画における二役と不治の病の多さは有名です。個人的には二役は問題ないのですが、不治の病はどうも苦手です。病気や死を見つめる優れた作品がある一方で、ほとんどの場合、ストーリー展開のウルトラCとして脈絡なしにストーリーに持ち込まれる作品が少なくないからです。登場人物を死なせることで話をまとめるなど、悪く言うと「オチのために殺すの?」というようなものすらあります。

ですから【Dil Bechara】がガン患者同士のラブストーリーと聞いたときにはなかば反射的に「苦手なヤツだ」と思ってしまいましたが、実際に観てみるとまったく予想と違いました。主人公2人の病気が作品に死の影を落としているのは確かですが、他の多くの作品のように死ぬための病気ではなく、生きることを強調するための病気であるように感じました。2人は恋をし、映画の撮影をし、パリに行き、とやりたかったことをすべてやり遂げます。けっして「病気でかわいそう」という作品ではありません。

マニーとキズィーの二人を中心に、マニーの友人ジェイピー、キズィーの両親らの間で恋人同士、親友同士、親子の物語が紡ぎだされます。その1つ1つはさほど目新しいものではありませんが、軽妙なセリフや出演者の明るい演技によって全体としてオシャレでとても魅力的な作品になっています。

もっとも、キズィーが大好きなアビマニュ・ヴィールの未完の歌詞のエピソード。これだけは意味がわかりません。二人がパリに行くきっかけとなるのですが、それ以外に何か意味があるのかわかりません。原作にもある設定のようですが、少なくともこちらでは説明不足でわけがわかりません。

「前向きな」病気モノである【Dil Bechara】。できれば現実世界におけるスシャーントの死を背景に観たくはありませんでした。せめてこの作品が彼の死を覆ってくれるように祈るばかりです。

 

音楽
音楽はA.R.ラフマーン。ヒンディー語映画の音楽は【Beyond the Clouds】(2018)、【Shikara】(2020)など成り立ちが特殊なものを除くと結構久しぶりで、【Mom】(2017)以来。歌手もシュレーヤー・ゴーシャール、スニディ・チャウハーン、アリジート・シン、モーヒト・チャウハーンなど豪華な顔ぶれです。そして各曲ともすごくいいです。

「Dil Bechara」

振り付けはファラー・カーン。

 

「Main Tumhara」

 

「Taare Ginn」

 

「A Music Tribute To Sushant Singh Rajput」

スシャーントの死を悼んで本作の参加歌手によって作られたビデオ。

 

スシャーント・シン・ラージプート マニー役

遺作となるとどんな役でももはや普通に見てはもらえないかもしれませんが、【Dil Bechara】のスシャーントは一番スシャーントらしい役でした。どんな相手役とも相性が良くなれる親しみやすさで、特に恋愛モノで発揮されたスシャーントの魅力でした。

 

 

サンジャナー・サーンギー  キズィー役

主役での出演は初めてですが、【Rockstar】(2011)のチョイ役でデビュー、その後【Hindi Medium】(2017)でミーターの若い頃の役で出演しています。ガール・ネクスト・ドアのタイプですが、本作では病気でちょっと屈折したところもある役を上手く演じていました。ブレイク作品がいわく付きになって大変かもしれませんが、今後の出演で個性を発揮していければ面白い存在になるかもしれません。

 

シャシャンク・カイターンが脚本を担当しているためか、【Badrinath Ki Dulhania】で主人公の親友役で好演したサーヒル・ヴァイドがやはり主人公の親友役。出色のキャストはキズィーの両親。【Kahaani】(2012)(『女神は二度微笑む』)のボブ役で有名なサスワター・チャタルジー、【Detective Byomkesh Bakshy!】(2015)の謎の女性役のスワスティカー・ムカルジーのベンガリーの個性派俳優を揃えました。マニーの祖母役にマラヤーラム映画などで祖母役の出演が多いスバーラクシュミー。

作品の舞台は製鉄業で知られるジャールカンド州ジャムシェードプル。インドを代表する大財閥であるタタの本業は製鉄業で、製鉄会社タタ・スチールはジャムシェードプルを本拠にしています。マニーとキズィーが通院する病院もタタ系列の病院です。ジャムシェードプルが舞台のインド映画といえば、【Udaan】(2010)が思い出されます。

【Dil Bechara】
笑って泣いてスシャーントの死を悼みたい人、おすすめです。

観たい!2020年8月編

ここのフォーマットが変わって2カ月目ですが、何が一番違うかというと公開(配信開始)情報が集めにくいことです。劇場公開作のようにまとまって公開予定作品リストが見られるところはないし、配信開始日が突如決まったりするものもあります。

そこでこれからしばらくはアップの時点ではっきりしているものだけを載せ、あとから情報が出たら追加していく形をとろうと思います。

【Gunjan Saxena: The Kargil Girl】(8月12日配信開始、ネットフリックス)
監督:シャラン・シャルマー Sharan Sharma
出演:ジャーンヴィー・カプール、パンカジ・トリパーティー、アンガド・ベーディー

トレイラー

1999年の印パ紛争、カルギル戦争でインド空軍初の女性パイロットとして戦闘ヘリで出撃したグンジャン・サクセーナーの伝記。シュリーデーヴィーの娘ジャーンヴィー・カプール主演。ジャーンヴィーはデビュー作【Dhadak】(2018)の評価が微妙だっただけに勝負作になりそう。

 

【Khuda Haafiz】(8月14日配信開始、ディズニー+ホットスター)

監督:ファルーク・カビール Faluk Kabir
出演:ヴィドゥユト・ジャームワール、シヴァーレーカー・オベロイ、アハーナー・クムラー、シヴ・パンディト、アヌー・カプール

トレイラー

中東のある国で誘拐・監禁された妻を取り戻しに行く男のアクション・ムービー。最近はアクションといえばこの人、くらいにはなってきたヴィドゥユト・ジャームワール。妻役のシヴァーレーカー・オベロイは【Yeh Saali Aashiqui】(2019)というB級サスペンスでデビューして2作目。ひたすらヴィドゥユトのアクションを楽しむ作品か。

【Class of ’83】(8月21日配信開始、ネットフリックス)
監督:アトゥル・サバルワール Atul Sabharwal
出演:ボビー・デーオール、アヌープ・ソーニー、ジョーイ・セーングプター

トレイラー

警察の組織によって目的を挫かれ、警察学校の教官に左遷された元エリート警察官が、組織に復讐を果たすべく教え子たちを育て上げるという話。主演は最近あまりぱっとしないボビー・デーオールですが、久々に面白い役になりそうです。ただ、他にはほとんど知った顔が出てきません。

 

【Pareeksha】(8月6日配信開始、ZEE5)
監督:プラカーシュ・ジャー Prakash Jha
出演:アーディル・フサイン、プリヤンカー・ボース、サンジャイ・スーリー

トレイラー

リクシャーワーラーが息子を私立学校に入れて良い教育を受けさせるために奮闘するという話。インドの社会、経済、教育格差をテーマにする社会派作品。監督は【Raajneeti】(2010)、【Aarakshan】(2011)など社会派作品で知られるプラカーシュ・ジャー。主演は【English Vinglish】(2012)(『マダム・イン・ニューヨーク』)、【Mukti Bhawan】(2017)(『ガンジスに還る』)など日本でも知られるアーディル・フサイン。

 

【Sadak 2】(8月28日配信開始、ディズニー+ホットスター)
監督:マヘーシュ・バット Mahesh Bhatt
出演:サンジャイ・ダット、プージャー・バット、アーディティヤ・ローイ・カプール、アーリヤー・バット

トレイラー

マヘーシュ・バット監督が自身の【Sadak】(1991)に29年ぶりの続編を撮りました。当時の主演のサンジャイ・ダット、プージャー・バットも出演しますが、次世代としてアーディティヤ・ローイ・カプールとアーリヤー・バットが出演しており、こちらが話の中心になるのでしょうか。【Sadak】はロバート・デニーロ主演『タクシー・ドライバー』が元になったと言われていますが、少なくとも続編はだいぶ違うような。