観たい!2021年3月編

劇場公開

【Roohi】(3月11日公開予定)
監督:ハルディク・メヘター Hardik Mehta(【Kamyaab】(2020))
出演:ラージクマール・ラーオ、ジャーンヴィー・カプール、ヴァルン・シャルマー

トレイラー

大ヒットのホラー・コメディ【Stree】(2019)のプロデューサーが再びホラー・コメディ。【Stree】で主演のラージクマール・ラーオが再び出演。今度は幽霊役(たぶん)にネトフリ『グンジャン・サクセナ』のジャーンヴィー・カプール。がっつり特殊メイクで臨むようです。

 

【Time To Dance】(3月12日公開予定)

監督:スタンリー・ダコスタ Stanley D’Costa
出演:スーラジ・パーンチョーリー、イザベル・カイフ

トレイラー

王道のダンス・ムービーのようです。主演はサルマーン・カーンのバックアップで【Hero】(2015)でデビューしたものの、その後出世できないでいるスーラジ・パーンチョーリー。むしろヒロインに注目で、イザベル・カイフはカトリーナ・カイフの妹。

 

【Fauji Calling】(3月12日公開予定)

監督:アールヤーン・サクセーナー Aaryaan Saxena
出演:シャルマン・ジョーシー、ビディター・バーグ、ムグダー・ゴードセー、ザリーナー・ワハーブ

トレイラー

戦争物ですが戦闘が中心ではなく、兵士が出征して村に残された家族たちを描く作品のようです。村に残される母娘の母役に【Bahumoshai Bandookbaaz】(2017)のビディター・バーグ。シャルマンは夫ではないようですが、どのような関係なのでしょうか。

 

【Sandeep Aur Pinky Faraar】(3月19日公開予定)

監督:ディバーカル・バナルジー(【Detective Byomkesh Bakshy!】(2015))
出演:アルジュン・カプール、パリニーティ・チョープラー

トレイラー

最初はアルジュン、パリニーティという同じ組み合わせの【Namaste England】がフロップだったため、後にはコロナのため公開が延期になっていました。鬼才ディバーカル・バナルジーのちょっと不条理なスリラーでしょうか。

【Mumbai Saga】(3月19日公開予定)

監督:サンジャイ・グプター Sanjay Gupta
出演:ジョン・エイブラハム、イムラーン・ハーシュミー、スニール・シェッティー、カージャル・アガルワール

トレイラー

一時は下火だったボンベイのギャング物、最近また復活してきたのでしょうか。ジョン・エイブラハムがギャング、イムラーン・ハーシュミーが警察官という、普通だったら反対じゃないかというキャスト。

【Saina】(3月26日公開予定)

監督:アモール・グプテー Amol Gupte
出演:パリニーティ・チョープラー、マーナヴ・カウル

公開日発表ビデオ

まだ現役のインドの女子バドミントン選手サーイナー・ネヘワールの伝記物。サーイナー役にパリニーティ・チョープラー。最初はシュラッダー・カプールがキャスティングされたものの途中で交代。外見だけならシュラッダーな気がしますが。監督は【Stanley Ka Dabba】(2011)(『スタンリーのお弁当箱』)のアモール・グプテー。

 

OTT(オンライン配信)
【Pagglaint】(『おかしな子』)
(ネットフリックス、3月26日配信予定)

監督:ウメーシュ・ヴィシュト Umesh Visht
出演:サーニヤー・マルホートラ、アーシュトーシュ・ラーナー、サヤーニー・グプター

ティーザー

結婚したばかりで夫を亡くしたにもかかわらずすべてがこれまで通りで、「涙も出ない」という女性の話。寡婦は嘆くものという世間からしたらずいぶんと「おかしな子」ということになります。そんな主人公に【Dangal】(2016)から最近の【Ludo】(2020)まで出演作が多く、演技の評判も良いサーニヤー・マルホートラ。どういう方向に話を持っていくかには興味があります。

観たい!2021年2月編

劇場公開作は出てくるものの、まだ製作されていたことも知らなかったような作品ばかり。タミル映画【Master】のような大作の公開はまだありません。また公開日が発表されていても直前で中止になったりとまだ映画産業は安定していません。一方、OTT(オンライン配信)は配信開始が少なく一休みといったところ。

劇場公開
【Tuesdays And Fridays】(2月19日公開)
監督:タランヴィール・シン Taranveer Singh
出演:アンモール・ディッローン、ジャタレーカー・マルホートラ、ゾーヤー・モーラーニー

トレイラー

1980~90年代初めにかけて活躍した女優プーナム・ディッローンの息子アンモール・ディッローンのデビュー作。ヒロインには元ミス・インターナショナル代表のジャタレーカー・マルホートラ。平凡なラブストーリーに見えますが、いちおう制作はサンジャイ・リーラー・バンサーリー監督のプロダクション会社。

 

【Fauji Calling】(2月25日公開)

監督:アールヤーン・サクセーナー Aaryaan Saxena
出演:シャルマン・ジョーシー、ビディター・バーグ、ムグダー・ゴードセー、ザリーナー・ワハーブ

トレイラー

戦争物ですが戦闘が中心ではなく、兵士が出征して村に残された家族たちを描く作品のようです。村に残される母娘の母役に【Bahumoshai Bandookbaaz】(2017)のビディター・バーグ。シャルマンは夫ではないようですが、どのような関係なのでしょうか。

OTT
【The Girl on the Train】
(ネットフリックス、2月26日、『ミラ:ガール・オン・トレイン』)

監督:リブー・ダスグプタ Ribhu Dasgupta
出演:パリニーティ・チョープラー、アディティ・ラーオ・ハイダリー、キールティ・クルハーリー

トレイラー

 

英作家ポーラ・ホーキンズのスリラー小説『ガール・オン・ザ・トレイン』の映画化。同作はハリウッドで映画されているのでそのリメイクともいえます。パリニーティ・チョープラーがアルコール中毒の女性の役。ある日前夜の記憶がなく、その間にある女性を殺した疑いが持ち上がるという話。もう一人の女性の役にアディティ・ラーオ・ハイダリー、捜査官役にキールティ・クルハーリーの豪華キャスト。

【Kabaad – The Coin】(Voot, 2月13日配信開始)

監督:ヴァラドラージ・スワミー Varadraj Swami
出演:ヴィヴァーン・シャー、ゾーヤー・アフローズ

トレイラー

タイトルの「kabaad」は「廃品」の意味。廃品回収人の主人公がある物を回収したばかりに犯罪に巻き込まれるという巻き込まれ型スリラー。主演は【Happy New Year】(2014)などに出演があるヴィヴァーン・シャー。共演は子役出身のゾーヤー・アフローズ。

観たい!2021年1月編

劇場公開

【Ramprasad Ki Tehrvi】(1月1日公開)

監督:シーマー・パーフワー Seema Pahwa
出演:ナシールッディーン・シャー、ヴィナイ・パータク、ヴィクラント・マイシー、コーンコナー・セーン・シャルマー、マノージュ・パーフワー

トレイラー

人が亡くなると一族が集まって死後の14日間を喪に服してすごすヒンドゥー教の儀礼がタイトル。その間の家族ドラマをコメディタッチで描く作品。とにかく脇役(一部は主役も)で活躍俳優が大勢出演しています。このうちの1人も出演していない最近のヒンディー映画はないのでは?というくらいです。

 

【12 ‘o’ Clock】(1月7日公開)
監督:ラーム・ゴーパル・ヴァルマー Ram Gopal Varma
出演:ミトゥン・チャクラボルティ、フローラ・サイニー、マーナヴ・カウル、マルカンド・デーシュパンデー、アシーシュ・ヴィディヤールティ

トレイラー

RGVことラーム・ゴーパル・ヴァルマー監督のホラー。「ファクトリー」の異名を持つ監督作で、多作だけれども粗製乱造よりはちょっと上の作品が出てきます。本作もそんな感じでしょうか。

 

【Madam Chief Minister】(1月22日公開)
監督:スバシュ・カプール Subhash Kapoor
出演:リチャー・チャッダー、マーナヴ・カウル、アクシャイ・オベロイ、ソウラーブ・シュクラー

トレイラー

インドでChief Ministerというと州の首相のこと。活動家から州首相に上り詰めた女性の話。リチャー・チャッダーがショートカットにして演じます。【Jolly LLB】シリーズのスバシュ・カプール監督作品。ただし、本作はシリアス作品のようです。

 

OTT(オンライン配信)

【Nail Polish】(Zee5、1月1日配信開始)
監督:バグズ・バルガヴァ・クリシュナ Bugs Bhargava Krishna
出演:アルジュン・ラームパール、マーナヴ・カウル、アーナンド・ティワーリー

トレイラー

ウッタル・プラデーシュ州で5年間に38人もの移民の子供が猟奇的に殺害された事件の裁判を描くスリラー。アルジュン・ラームパールが事件で逮捕された有力者の弁護人を務める弁護士役。

 

【Kaagaz】(Zee5、1月7日配信開始)
監督:サティーシュ・コウシク Satish Kaushik
出演:パンカジ・トリパーティー

トレイラー

サルマーン・カーンの制作会社サルマーン・カーン・フィルムズの作品でコメディ俳優でもあるサティーシュ・コウシクが監督。パンカジ・トリパーティーが手違いで政府の記録上死んだことにされてしまう男の役で、「生き返る」ために奔走するというコメディです。

 

【The White Tiger】(ネットフリックス、1月22日配信開始)
監督:ラミン・バフラーニー Ramin Bahrani
出演:アダルシュ・ゴウラヴ、ラージクマール・ラーオ、プリヤンカー・チョープラー

トレイラー

ブッカー賞を受賞したアラヴィンダ・アディガの小説「The White Tiger(グローバリズム出づる処の殺人者より)」の映画化。貧困層出身の男が裕福な家庭の運転手などを経てのし上がっていきます。監督のラミン・バフラーニーはインデペンデント映画を作るアメリカ人監督で作品も印米合作となります。主役のアダルシュ・ゴウラヴは【Rukh】(2017)で印象的な演技をした若手俳優。プリヤンカー・チョープラーとラージクマール・ラーオは脇役です。

 

【Tribhanga】(1月15日配信開始)(『トリバンガ ~踊れ艶やかに~』)
監督:レーヌカー・シャハーネー Renuka Shahane
出演:カージョール、タンヴィー・アーズミー、ミティラー・パールカル

トレイラー

カージョールがシングルマザーの女優で、自身の母、娘3代の女性たちのドラマ。監督のレーヌカー・シャハーネーは女優で監督としてはマラーティー映画を1作撮っていますが、ヒンディー映画では本作が監督デビュー。娘の役に【Karwaan】(2018)、【Chopsticks】(2019)(『デュオ』)のミティラー・パールカル。